Pachysandra terminalis (日本のトウダイグサ)

Pachysandra terminalis (日本のトウダイグサ)

トウダイグサ


Pachysandra terminalis (日本のトウダイグサ) は、低木の常緑のグランド カバーであり、地下ランナーを介して広がり、豊かで濃い緑の葉の密なカーペットを形成します。春先に小さな白い花のスパイクが現れますが、この植物の付加価値はその魅力的な葉です。

  • 日本のトウダイグサは、高さ 4 インチ (10 cm)、幅 8 インチ (20 cm) までのマットを形成する匍匐性の多年草です。急速に広がり、大きなコロニーを形成します。
  • 部分陰完全な陰の恋人 、それは最もよく育ちます リッチ中水分水はけのよい土壌 .この植物は土壌にうるさくなく、幅広い条件に耐えます。土壌を乾燥させてはいけません。 粘土土乾いた土干ばつに強い !非常に 都市汚染に寛容 それも。
  • 日陰の庭に最適です。 グラウンドカバー また 低木の下植え .に最適 土手と斜面砂防森林庭園 .
  • 丈夫な低メンテナンス 寛容な多年生植物でもあります 鹿とウサギに強い .
  • 事実上害虫なし無病 .ナメクジやカタツムリに襲われることがあります。
  • 春に株分けして繁殖します。初夏に針葉樹の挿し木をします。
  • パキサンドラ ターミナルリス種は日本原産です。米国の一部の州では外来種と見なされています。
  • この種が米国で侵略的である場所を見つける .
  • 美しい米国在来植物の代替品を発見する .

要件

丈夫さ 4 – 8
ヒートゾーン 1 – 8
気候帯 2、3、4、5、6、7、8、9、10、14、15、16、17、18、19、20、21
植物の種類 多年草、低木
植物科 パキサンドラ - トウダイグサ
暴露 部分的な日陰
興味のある季節 春(早・中・遅)
夏(前期、中期、後期)


身長 3' – 4' (7cm – 10cm)
展開する 7' – 8' (17cm – 20cm)
間隔 6' – 12' (15cm – 30cm)
水のニーズ 平均
メンテナンス 低い
土壌タイプ チョーク、粘土、ローム、砂
土壌pH 酸性、アルカリ性、中性
土壌排水 しっとりだが水はけのよい、水はけのよい
特徴 エバーグリーン
許容範囲 粘土質土壌、シカ、干ばつ、ウサギ、乾燥土壌
庭の用途 土手と坂道、グラウンドカバー、バラと低木の下植え
ガーデンスタイル 都市と中庭、コースタル ガーデン、非公式とコテージ、草原と牧草地