Ophiopogon japonicus 'Nana' (モンドグラス)

Ophiopogon japonicus 'Nana' (モンドグラス)

モンドグラス「ナナ」、ドワーフリリーターフ「ナナ」、ドワーフモンドグラス「ナナ」、ニホンユリ芝「ナナ」、モンキーグラス「ナナ」


その小さなサイズと魅力的な常緑の葉で知られる Ophiopogon japonicus 'Nana' は、アーチ型の帯状の濃い緑色の葉の密な房を形成する矮性のモンド グラスです。夏に葉の中に小さな白い花の総状花序が現れ、その後青い実ができます。 Liriope を連想させるこの人気のある常緑の草は、丈夫で耐久性があり、非常にコンパクトで、庭に質感を加えるのに最適です。ドワーフ モンド グラスは、手入れの行き届いた定期的な人の往来に耐えることができる、手入れの必要のない芝を刈らない芝生を作ります。風になびくように揺れるこのドワーフ モンド グラスは、飛び石の間、パティオや中庭の周りの小さなエリア、またはアジアン ガーデンに植えるのに最適です。

  • 高さ 3 ~ 6 インチ (7 ~ 15 cm)、幅 4 ~ 6 インチ (10 ~ 15 cm) まで成長し、防草マットを形成します。根は塊状で、この植物は匍匐枝を介してゆっくりと広がります。年齢とともに、塊は融合して、葉の柔らかく密集したカーペットを形成します
  • 育ちやすい 平均中水分水はけのよい土壌日当たりから半日陰まで .幅広いコンディションに対応。 耐塩性と干ばつ耐性 .
  • シカ・ウサギ耐性
  • に最適 ベッドと国境エッジンググランドカバー低木の下植えシティガーデン沿岸庭園砂利園 また アジアの庭園 .
  • 事実上 無病 .ナメクジに注意

要件

丈夫さ 6 – 10
ヒートゾーン 1 – 12
気候帯 5、6、7、8、9、14、15、16、17、18、19、20、21、22、23、24、H1、H2
植物の種類 観賞用の草
植物科 オフィオポゴン - モンドグラス
暴露 フルサン、パーシャルサン
興味のある季節 春(早・中・遅)
夏(前期、中期、後期)


身長 3' – 6' (7cm – 15cm)
展開する 4' – 6' (10cm – 15cm)
間隔 6フィート (15cm)
水のニーズ 低、平均
メンテナンス 低い
土壌タイプ 粘土、ローム、砂
土壌pH 酸性、中性
土壌排水 湿っているが水はけがよい
特徴 派手な常緑樹
許容範囲 シカ、干ばつ、ウサギ、塩
庭の用途 ベッドとボーダー、エッジング、グラウンドカバー、パティオとコンテナ、小さな庭園、バラと低木の下植え
ガーデンスタイル 都市と中庭、コースタル ガーデン、グラベル アンド ロック ガーデン、非公式とコテージ、日本庭園、モダンガーデン