Ophiopogon japonicus (モンドグラス)

Ophiopogon japonicus (モンドグラス)

モンドグラス、ドワーフリリーターフ、ドワーフモンドグラス、ニホンユリ


魅力的な常緑の葉で知られる Ophiopogon japonicus は、アーチ型の帯状の草のような濃い緑色の葉の密な房を形成する望ましいモンド グラスです。夏に葉の間に小さなライラックの花の総状花序が現れ、その後青いベリーのような果実になります。 Liriope を連想させる、この人気のある常緑の草は丈夫で耐久性があり、非常にコンパクトで、庭に質感を加えるのに最適です。中国、日本、韓国原産で、日本庭園で使用される伝統的なグランドカバーであり、現代の庭園で幾何学的なレイアウトを作成するのにも最適です。風にそよぐ感覚が心地よいこの常緑多年草は、日陰に最適です。

  • のんきで育てやすいこのモンド グラスは、高さ 30 cm (12 インチ)、幅 37 cm (15 インチ) まで成長し、防草マットを形成します。根は塊茎で、匍匐枝を介して広がる。年齢とともに、群生は融合して柔らかく密集した葉のカーペットを形成します
  • 育ちやすい 平均中水分水はけのよい土壌日当たりから半日陰まで .幅広いコンディションに対応。 耐塩性と干ばつ耐性 .
  • シカ・ウサギ耐性
  • に最適 ベッドと国境エッジンググラウンドカバー低木の下植えシティガーデン沿岸庭園砂利園 また 地中海の庭園。
  • 事実上 無病 .ナメクジに注意

要件

丈夫さ 7 – 10
ヒートゾーン 1 – 12
気候帯 5、6、7、8、9、14、15、16、17、18、19、20、21、22、23、24、H1、H2
植物の種類 観賞用の草
植物科 オフィオポゴン - モンドグラス
暴露 フルサン、パーシャルサン
興味のある季節 春(早・中・遅)
夏(前期、中期、後期)


身長 10' – 1' (25cm – 30cm)
展開する 1' – 2' (30cm – 60cm)
間隔 18フィート (45cm)
水のニーズ 低、平均
メンテナンス 低い
土壌タイプ 粘土、ローム、砂
土壌pH 酸性、中性
土壌排水 湿っているが水はけがよい
特徴 派手な常緑樹
許容範囲 シカ、干ばつ、ウサギ、塩
庭の用途 ベッドとボーダー、エッジング、グラウンドカバー、パティオとコンテナ、バラと低木の下植え
ガーデンスタイル 都市と中庭、コースタル ガーデン、グラベル アンド ロック ガーデン、非公式とコテージ、日本庭園、地中海の庭、モダンガーデン