マグノリア・トリペタラ(アンブレラ・マグノリア)

マグノリア・トリペタラ(アンブレラ・マグノリア)

アンブレラ ツリー、アンブレラ マグノリア、マグノリア バージニア var。トリペタラ


マグノリア トリペタラ (アンブレラ マグノリア) は、その巨大な葉で知られる落葉樹で、しばしば複数の幹があり、広がった枝の広く開いた冠があります。春の中頃から初夏にかけて、大きな、不快な香りのするボウル型のクリーム色の白い花が、直径 6 ~ 8 インチ (15 ~ 20 cm) で、葉が展開した直後に開きます。花の後に円錐形のバラ色の果実が続き、秋に熟します。彼らは鳥や小さな哺乳類の食料源です。光沢のある緑色の卵形から楕円形の葉は巨大で、最大で長さ 24 インチ (60 cm)、幅 10 インチ (25 cm) になります。それらは茎の先端に集まっており、傘のスポークに似ています。樹皮は薄く灰色。米国東部原産のアンブレラ マグノリアは、豊かな湿った森、峡谷、斜面、小川沿いに自生しています。強風から保護できる小さな芝生の背景として、首都の主題になります。

  • 成長すると、高さと幅が 15 ~ 30 フィート (450 ~ 900 cm) になります。
  • で最高のパフォーマンスを発揮 部分陰有機的に豊かしっとり弱酸性水はけのよい土壌 .植物は 満天の太陽 、特に北部の気候では、土壌が湿った状態に保たれている限り.近くに耐える フルシェード .風からの保護は、巨大な葉を保つのに役立ちます。
  • として完璧 標本植物 .
  • メンテナンスが少なく、この美しい木は、深刻な昆虫や病気の問題の影響を受けません。
  • 夏に採取した種まきや生木の挿し木で増やします。
  • アメリカ東部のアパラチア山脈、オザークス山脈、ワシタ山脈に自生しています。

要件

丈夫さ 5 – 9
ヒートゾーン 5 – 9
植物の種類
植物科 マグノリア
暴露 完全な太陽、部分的な太陽、日陰
興味のある季節 春(中期、後期)
夏(初)
身長 15フィート~30フィート(4.5m~9m)
展開する 15フィート~30フィート(4.5m~9m)
水のニーズ 平均
メンテナンス 低い
土壌タイプ 粘土、ローム、砂
土壌pH 酸性、中性
土壌排水 湿っているが水はけがよい
特徴 派手、フルーツ&ベリー
在来植物 アメリカ、中西部、インディアナ、ミズーリ、オハイオ州、北東、コネチカット、マサチューセッツ州、メリーランド州、ニュージャージー、ニューヨーク、ペンシルバニア、南東、アラバマ州、アーカンソー、フロリダ、グルジア、ケンタッキー、ミシシッピ、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、テネシー、バージニア州、ウェストバージニア州、南西、オクラホマ
引き付ける
ガーデンスタイル 草原と牧草地

マグノリアのガイド